T-01A OSアップデートその後

OSのアップデート後の状態についてメモ

インストールしたソフトウェア

  • Device Status on Today Plug-in
  • GSFinder-W03
  • KTCapt
  • Opera 9.5 Beta
  • Giraffe Appli Catalogue
  • Aplio
  • Pocketの手
  • WkTASK
  • AE Button Plus
  • NUMp
  • ちーたん
  • HyakkeiGate
  • Offisnail Date
  • q2chwm
  • InstShrUI
  • wifictrl

スタートボタンが無反応になってしまう現象の原因と対策

T-01AをWindows Mobile 6.5へアップグレードし、WkTASKをインストールすることで発生するようです。
アプリケーションを終了させる機能やバッテリメーターは意外と便利なのでこのソフトウェアが使えなくなるのはかなり辛いです…

~対策方法まとめ~

1. WkTASK環境設定画面→固有設定画面を開く

2. 除外リストへ4つexeファイルを登録する。またはクラス名を登録する。

** exeファイルで登録する場合**

  • \Windows\gwes.exe
  • \Windows\repllog.exe
  • \Windows\services.exe
  • \Windows\shell32.exe

** クラス名で登録する場合**
* MSSTARTMENU

どちらの場合も「×ボタンで閉じない」「タスクリストに表示しない」にチェックボックスを入れ追加しました。

3. リセットして完了

自分のT-01Aではクラス名で除外設定してもスタートボタンが無反応になってしまう時があるようです。
現在はexeファイルを登録して対策しています。こちらは問題ないようです。

テザリング

InstShrUIとwifictrlを使ったテザリングはWM6.5でも使えるようです。

スポンサーリンク
shiftky_blog_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする