OMRON UPS BY50S のバッテリを交換した話

11月のある土曜の朝、 UPS のブザー音で起床。
停電でも起きているのかと思ったら、バッテリ劣化の警告が出ていました。

ups01

今使っている UPS は OMRON の BY50S です。
Amazon によると 2012/09/22 の購入らしいので、3年と2, 3ヶ月程の使用期間になります。
メーカーはバッテリ寿命 4~5 年の製品だと謳っているので、それより短い期間での交換となりました。おそらく、 UPS 周辺の温度が高いのが原因だと思います。夏場は室温が30度を超えるような日もありました……

ということで、早速交換用バッテリを購入し、交換作業を行ってみました。

交換してみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ups03

この UPS ですが、バッテリのコネクタが固くて外れにくいという話をよく聞きます。
はじめ手で外すことを試みましたが、評判通りコネクタが固くて外れませんでした。

ラジオペンチなどを使うと良いという情報があったため、今回はラジオペンチでコネクタを挟んで引き抜くことにしました。
今回の作業では、コネクタのカバーにラジオペンチの滑り止めの跡が付きました。
変形や破損を避けるため、道具を使う場合はあまり強く挟まないほうが良さそうです。

一旦赤いコネクタを外してしまえば、黒いコネクタには手が届きやすくなるため、こちらは手で外すことができました。

あとは新しいバッテリを、取り外し手順と逆の手順で装着すれば交換作業は完了です。簡単でした。

忘れそうなポイントとしては、管理ツールのバッテリ交換日の設定でしょうか。
PowerActPro のバッテリ交換日は自動では更新されないため、手動で設定しておく必要があります。

スポンサーリンク
shiftky_blog_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする