MINI2440のOSを書き換えた

学校から借りてきてOSを勝手にAndroidに書き換えたARMボードMINI2440ですが、初期状態と同じLinuxへ書き換えを行いました。

今年のGW明けに先輩が課題研究で使いたいというので直ぐ返却してくれと先生に頼まれ、Linuxに戻す時間もなくAndroidのまま返却してしまいました。
案の定また僕のところへ戻ってくることになり、初期化後に再返却をすることになりました(笑)

MINI2440のOSを書き換えるためには、LinuxのインストールされたPCでカーネルのコンパイル等を行い、WindowsのインストールされたPCで転送を行うという作業が必要になります。

前回試すことが出来なかった事や気になる点について調べた結果をまとめました。


どこかで見たことがあるような気がする

linux 2.6.32.2 + Qtopia 2.2.0


Qtopiaは聞いたことが無かったのですが、画面はどこかで見た覚えがあったので調べてみました。
Zaurus – SLシリーズ
りなざうの愛称で親しまれたLinuxZaurusやSONYのmyloに採用されているものです。
モバイル機器向けのアプリケーションプラットフォームで、現在はQt Extendedに改称したそうです。


LANケーブルを接続すればインターネットを利用することもできます。
boaというWebサーバーがインストールしてあり、設定したIPアドレスをPCから入力すればアクセスすることができます。

http://192.168.11.100/ に設定、アクセスしたところ。ブラウザからLEDの制御が行えるようになっています。

別売のカメラを接続すれば、ブラウザからその画像を取得することができるため、簡易監視カメラのような使い方もできそうです。

スポンサーリンク
shiftky_blog_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする