LSI SAS9212-4i HBA カードを ESXi サーバに導入する

SAS 接続の LTO ドライブを使うため、中古の LSI SAS 9212-4i を購入しました。
イカ、自宅の HP ML110 G7 に装着し、 VMWare ESXi 6.0 Update 2 で使えるようようドライバをインストールするまでの作業メモ 👇

事前準備

ESXi に SSH でログインができるよう SSH ログイン機能を有効化しておく。

カードの装着

SAS9212-4i を ML110 G7 の PCI-E x8 スロットに装着する。ただ挿すだけなので特別な作業は要らない。
ここで、使用予定の LTO ドライブも5インチベイに装着し、 SAS ケーブルで SAS9212-4i と接続しておいた。

カード装着後サーバを起動し、ESXi サーバに SSH でログインする。lspci の実行結果に目的のカードが含まれているかを確認する。

[root@esxi:~] lspci | grep LSI
0000:0a:00.0 Mass storage controller: LSI Logic / Symbios Logic LSI2008 [vmhba1]

ドライバのインストール

カードを取り付けただけの状態では、ストレージアダプタの一覧に目的のデバイスが表示されなかった。ドライバのインストールが必要なようだったので、ダウンロードしてインストールする。

上記のサイトから mpt2sas-20.00.01.00-5.5-2924803.zip をダウンロードし、適当なディレクトリに展開する。

ちなみに上記のサイト、 IPv6 が有効な状態でアクセスすることができない……
Firefox の about:confignetwork.dns.disableIPv6true に設定した状態でアクセスすることができた。

$ unzip mpt2sas-20.00.01.00-5.5-2924803.zip
Archive:  mpt2sas-20.00.01.00-5.5-2924803.zip
 extracting: mpt2sas-20.00.01.00-5.5-offline_bundle-2924803.zip
 extracting: scsi-mpt2sas-20.00.01.00-1OEM.550.0.0.1331820.x86_64.vib
 extracting: doc/README.txt
 extracting: source/driver_source_scsi-mpt2sas_20.00.01.00-1OEM.550.0.0.1331820.tgz
 extracting: doc/open_source_licenses_scsi-mpt2sas_20.00.01.00-1OEM.550.0.0.1331820.txt
 extracting: doc/release_note_scsi-mpt2sas_20.00.01.00-1OEM.550.0.0.1331820.txt

offline bundle ファイルを scp で ESXi サーバにアップロードする。

$ scp mpt2sas-20.00.01.00-5.5-offline_bundle-2924803.zip root@ESXI_IP_ADDR:/vmfs/volumes/DATASTORE_NAME

ESXi サーバに SSH でログインし、メンテナンスモードに切り替えた後ドライバをインストール。

## メンテナンスモードに切り替え
[root@esxi:~] esxcli system maintenanceMode set -e true
Maintenance mode is already enabled.
[root@esxi:~] esxcli system maintenanceMode get
Enabled

## ドライバのインストール
[root@esxi:~] esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/DATASTORE_NAME/mpt2sas-20.00.01.00-5.5-offline_bundle-2924803.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: Avago_bootbank_scsi-mpt2sas_20.00.01.00-1OEM.550.0.0.1331820
   VIBs Removed:
   VIBs Skipped:

## 再起動
[root@esxi:~] reboot

これで、 vSphere Client 上の ESXi ホスト > 構成 > ストレージアダプタAvago (LSI)2008 が表示されるようになりました。

一緒に取り付けたテープドライブも見えているようです。
テープドライブの話はまた別記事で詳しく書こうと思います ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

スポンサーリンク
shiftky_blog_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする