iTunes の文字化けを解消する Python スクリプト

Mac の iTunes 上で MP3 ファイルの曲名やアーティスト名の表記が文字化けすることがあり、困っていました。

文字化けするのは昔 Windows 環境から移行してきた MP3 ファイル達。
ライブラリに追加した時には特に問題が無いのですが、再生を始めると文字化け状態に変化し曲名やアーティストが何なのかわからなくなってしまう。

文字コードまわりで何か問題があるのだろうと思いつつもちゃんと調べておらず手動でちまちま直していました。
が、さすがに量が多いのでスクリプトか何かで一発修正できないか調べてみました。


文字化け問題の原因と修正方法について、下記のブログ記事が大変参考になりました。

約2年半前、初めて Mac を買ったわけですが、Windows で使っていた MP3 ファイルを持ってくるとメタ情報が文字化けして困ったものです。iTunes のリストなんかは日本語の曲名がさっぱりわかりません。 当時いろいろ調べてみたところ、どうも ID3 タグの文字コードの問題ということまではわかっていたので...

どうやら文字化けの原因は ID3 タグの文字コードが原因のようです。

修正のための Python スクリプトが公開されていたので利用してみることにしました。
ただし、手元の Python 環境が Python 3 だったのでそのままでは動作せず。オリジナルのコードを fork して Python 3 で動作するようにしてみました。

スクリプトの実行には eyed3 と libmagic が必要なのでインストール。

pip install eyed3
brew install libmagic

文字化け問題修正前の状態。
元々英数の曲名/アーティスト名は問題がないものの、日本語表記の曲名は盛大に文字化けしております。

修正スクリプトを実行してみます。* でディレクトリ内のファイルを展開して一括適用も可能。

% python id3conv.py ./SOUL\'d\ OUT/Flip\ Side\ Collection/*

スクリプト実行後 iTunes で該当のファイルを再生してみると、文字化け状態が解消しました。

既に文字化けしてしまったファイルはスクリプト実行だけでは表記が正しくならず、一度再生を開始することでライブラリの登録情報が更新され文字化けが解消するようです。
Music ディレクトリ内のディレクトリ名/ファイル名の文字化けも同時に解消されます。

長年の悩みが解決した ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

スポンサーリンク
shiftky_blog_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする