ESXi 6.0 Update 2 へのアップデートをした

esxi_u2_00

自宅で飼っている ESXi 6.0 を 6.0 Update 2 にアップデートしました。作業ログとして、簡単にですが手順をまとめておこうと思います。
Update 2 からは VMware Host Client という Web ブラウザから ESXi の各種操作を行うことのできる機能が追加されているようです。Windows 用クライアントが要らなくなるので Mac での作業効率が劇的に上がりそうで楽しみです。

アップデート前のバージョン

[root@esxi:~] esxcli system version get
   Product: VMware ESXi
   Version: 6.0.0
   Build: Releasebuild-3029758
   Update: 1
   Patch: 17

手順

  1. VMWare からアップデート用パッチをダウンロードする。
    Login to My VMware to download products, manage product license keys, get support and file support request.
    今回ダウンロードしたのは update-from-esxi6.0-6.0_update02.zip
  2. ESXi に SSH でログインできる状態に設定する
  3. データストア内に scp でダウンロードしたパッチを配置する
    scp update-from-esxi6.0-6.0_update02.zip root@ESXI_IP_ADDR:/vmfs/volumes/DATASTORE_NAME
  4. ESXi をメンテナンスモードに移行させる。
  5. Profile 名の確認
    esxcli software sources profile list -d /vmfs/volumes/DATASTORE_NAME/update-from-esxi6.0-6.0_update02.zip
  6. Profile 名を指定して update
    esxcli software profile update --depot=/vmfs/volumes/DATASTORE_NAME/update-from-esxi6.0-6.0_update02.zip --profile=ESXi-6.0.0-20160302001-standard
    完了後、ホストマシンの再起動とメンテナンスモードの解除を行う。

アップデート後のバージョン

[root@esxi:~] esxcli system version get
   Product: VMware ESXi
   Version: 6.0.0
   Build: Releasebuild-3620759
   Update: 2
   Patch: 34

VMware Host Client を試す

インストール後 ESXi ホストの IP アドレスをブラウザに打ち込むと、次のようなページが表示されます。
Open the VMware Host Client をクリックすると、ログインページが表示されます。

esxi_u2_01

ログイン後のページはこんな感じ。vSphere Client で行っていた主要な作業がここからできるようです。

esxi_u2_02

仮想マシンの作成もこの通り。Mac での作業もブラウザで行えるため大変便利になりました。

esxi_u2_03

参考サイト

 VMware vSphereの6.0 U2が3月15日付けで発表されました。ESXiとvCenter Serverのパッチも公開されて、い..
スポンサーリンク
shiftky_blog_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする