8/21〜8/23に行われたサイボウズ・ラボユース 2012夏の開発合宿にいってきました。 2泊3日の合宿でひたすら開発を行い、最終日にはサイボウズ本社で成果発表を行うというもになっています。

合宿では、KINECTセンサを使った音楽で遊ぶアプリケーションをテーマに、@haru2036 と共同で開発を行いました。

KINECTから取得出来る骨格位置情報を利用して、MIDI出力デバイスにMIDIメッセージを送信するという内容になっています。 手や足、頭など関節の位置情報が X, Y, Z 軸の値として取得できるので、それを元にMIDIメッセージの値を決定します。

開発ではユーザインタフェース面と使用する画像素材の作成を主に担当しました。 開発中にハマった問題は別の記事として後ほど投稿したいと思います。

成果物は github 上で公開中です。

haru2036/3--Kaoss-Pad-for-Kinect
3--Kaoss-Pad-for-Kinect - 3次元のトラッキングでカオスパッド的なことができます。今のところ右手のみ。

今回は、成果発表はラボユースの成果発表という形ではなく、セキュリティキャンプ卒業生主催のAPASEC勉強会に合流して発表を行いました。 勉強会の様子は Ustream で見ることができます。

http://www.ustream.tv/recorded/24901417

発表資料

共同作業の経験はお互いになかったので作業から様々な事を学ぶことができたと思っています。 共同開発での git の使い方も、ラボの方の助けを受けながらなんとか覚えて使うことができるようになりました。

今回の成果に関して、お互いに反省点や不満な点があり、帰りの電車ではそれを活かしてKINECT使った共同開発をこれからも続けようという話をしました。 具体的な話はまだ決まっていませんが、そのうち公開できるようなものになればいいなと思っています。