AtomとPT2で省電力TV録画マシンを作る Part2

パーツが届いたので早速組み立ててみました。

パーツ点数は自分が今までに経験したPC自作の中で一番少ないです。
CPUがマザーボードに直付けなので通常のPCとして組む場合だと マザーボード・メモリ・HDD・ケース の4パーツで1台組めてしまいます。

Part2の今回は組み立てに関して書きたいと思います。

0
アースソフト製の3波対応デジタルチューナーPT2で省電力なTV録画マシンを作ってみます。 通販で定価で購入できるのを待っていたので少...

構成

CPU:Intel Atom 330
MB:Intel D945CGLF2
メモリ:BUFFALO PC2-5300 (DDR2-667) 1GB D2/667-S1G/E
HDD:HITACHI Deskstar 7K2000 HDS722020ALA330 2TB S-ATA
ケース:JMAX JX-FX100B Mini-ITX 150W

(やっぱ箱の上作業だよねー?)

今回購入したマザーボードはIntelのD945CGLF2。思っていたよりも
これでもデュアルコアなAtom 330搭載、HTで疑似クアッドコアの結構デキる奴。

(向こうになんかいるぞー!!)

メモリはDDR2 667の一枚挿し。2GBまで対応しているのですが、ケチって1GBのものを選択。
BUFFALO PC2-5300 (DDR2-667) 1GB D2/667-S1G/E
Amazon.co.jpで2000円切ってます。
録画してメインマシンにデータ飛ばしてプリンター共有… このぐらいの仕事にはこれで十分みたいです。

他の方のブログでも書かれていたのですが、マザーボードをケースに取り付けた後ではPT2のアンテナ端子がケースにぶつかってしまいうまく取り付けができないです。
一旦マザーボードをケースから取り外し、PT2を取り付けた状態で再度ケースに取り付けるとうまくいきました。

その後HDDを取り付け、ケースファンをあまっていたSCYTHEの鎌風2の風へ交換しました。
またカードリーダーもUSBケーブルをケース背面の穴から出し、本体はケース内部へ収まるようにしてみました。

組み立ては以上で完了です。
OSのインストール時には光学ドライブを他のPCから少しだけ借りてインストールします。

スポンサーリンク
shiftky_blog_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする