Ansible を localhost で実行したら Mac が操作不能になった

Ansible 2 の Cloud Modules を使って、 OpenStack にインスタンスを作ろうとしていました。

いざ ansible-playbook を実行してみると、TASK [setup] にめっちゃくちゃ時間がかかる。それだけでなく、 Mac 全体の動作が不安定になり、レインボーカーソルでマウス操作が不能な上にキー入力も受け付けないという酷い状態になってしまいました。

5 分ほど放置しておくと TASK [setup] を抜け、それ以降の TASK が実行され始めるのですが、毎回コレでは流石に仕事が進まないので回避策を探してみました。

先日、Ansible2.0がリリースされました。アップデートの詳細は(を参照していただくと...

今回使った yml ファイルは、こちらの Qiita 記事を参考に、以下のように記述していました。

---
- name: create openstack resources
  hosts: localhost
  connection: local
  roles:
    - openstack

hostsconnection をローカル環境とすることで、 Ansible を実行する手元のサーバから OpenStack を操作するように記述されています。(Local Playbooks)

もしやと思い、 gather_facts: no を追記してみたところ、時間のかかっていた TASK [setup] が直ぐに終わり、レインボーカーソルやキー入力を受け付けない不安定な動作も発生しなくなりました。

---
- name: create openstack resources
  hosts: localhost
  connection: local
  gather_facts: no    # こいつを追加

一旦はコレで回避できるようになりました。が、それ以降は現状追ってはいません。 gathering facts が何をしているのかまだ分かっていませんが、 OS 巻き込んで操作不能になるような処理なんてあるかなあ。

スポンサーリンク
shiftky_blog_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする